FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

居場所

P7190553-p2fc.jpg

旧石油貨物支線 浜安善


安善の駅からつばさ橋の方角に向かっていくと在日米軍の貯油施設に向かう線路がある。
一見廃線のような草の生えた線路は運河を渡り、工場夜景には程遠い、どちらかというと素っ気ない照明に光る
それでいて懐かしくて居心地のよい、いい匂いのする場所だった・・・。


高島・新港・山下・本牧・・・、夜になるとバイクでこれらの埠頭によく行った。
どこも立ち入り禁止であるから普通の良識ある人間は入って来ることはなく、人気のない静かな埠頭で時に一人で
時に仲間とで長い時間を過ごした。
無断で侵入しているからという引け目もあって、岸壁で荷の積み卸しをしている場所には近付かなかったが
仮に近付いても邪魔さえしなけりゃいいといった暗黙の了解のようなものから特に港湾労働者に怒られることもなく、
今の時代のようにガチガチの線引きはなかった。
それでも山下埠頭だけは厳しくて、入口の派出所の目を盗んで忍び込んでも大抵は巡回者に捕まって追い返された。
山下公園に隣接していることもあってとても雰囲気のいい埠頭だっただけに、何度となく忍び込んでは追い返され
一度だけある出来事をきっかけに港湾局に許可を取り、一晩中いたことがあった。



P1254456-p1fc.jpg

在日米軍鶴見貯油施設 エリアⅠ


本牧埠頭はA・B・C・D突堤があって、中でもB突堤は広さも眺めも素晴らしく、ベイブリッジが出来てからは更に格別で
恐らくその辺りから厳しくなって完全に入ることは出来なくなってしまったように思う。
それに比べて地味だったのが今の赤レンガ倉庫があった新港埠頭から川崎港にかけての一帯で、
瑞穂埠頭は米軍基地のため論外、後は倉庫街、工場地帯の少しキケンな匂いのする場所だった。
所謂マル走とか小チンピラとか屯する世間から外れた半端者、クズの吹き溜まり、掃き溜めであり、
似たような一員だった僕にはそういった埠頭が馴染み深い。
新港、高島両埠頭と川崎港千鳥の六号係船辺りは舗装された路面に幾本も敷かれた線路がほどほどの照明に鈍く怪しく光り
バイクもまたメーター類やらエキゾーストパイプが煌めきエンジンの造形が浮き出る、いつまでいても飽きない場所だった。

別にケンカする度胸はなかったし、ゼロヨンをやる訳でも、シンナーやヤクをやる訳でもなかった。
ただドブくさい運河と埠頭独特の雰囲気、愛車を眺め、仲間といつまでも煙草をゲロするほど吸いまくって
つまらぬ事を駄弁っていることが、都会の中での自分の居場所だったのである。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/07/29(水) 20:47:54|
  2. 駅・設備
  3. | コメント:0
<<令和の軍事路線 | ホーム | 線を引く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
宗谷本線 (16)
石北本線 (137)
釧網本線 (51)
根室本線 (3)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (19)
上越線 (1)
秩父鉄道 (24)
高島線 (4)
大井川鐵道 (17)
山陰本線 (3)
山口線 (9)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (12)
廃線・保存機 (16)
駅・設備 (18)
雑記 (13)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (5)
小海線 (9)
品鶴線 (3)
神奈川臨海鉄道 (1)
東海道本線 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる