FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

消えていく風景

P8260529-2-10fc.jpg

高島線 鶴見~東高島


川崎貨物発、根岸行、5693列車が明け方の東高島に入構する。
都会嫌いの僕でさえとても魅力的に映る洒落た趣の港横浜。
その片隅には昔の横浜の面影が僅かながら残っている一帯がある。
当時を回想すると、お世辞にもきれいとはいえない運河、何艘も係留された艀、山積みのパレット、
小さな町工場、バラック、散らかったごみ、無造作に生えた雑草・・・
「あしたのジョー」に出てきそうなドヤ街の匂いとでも言おうか、リアル世代である僕には懐かしく
吹き溜まり者同士で夜中に屯していた当時のヨコハマの風景がほんの一角とはいえ見れるのは喜ばしい。

界隈を歩くとさすがに当時ほどではなく、潮とヘドロが混ざった独特なドブ臭い運河の匂いは消えているものの
左に写る三井倉庫は昭和45年のD51791によるさよなら運転時には既にあった年代物だ。
SS不足でブレたEH200が渡っているように見える錆びた鉄橋も、昭和34年に廃止された東高島と
東神奈川を結んでいた貨物線の廃線跡として知られている。
背景の、みなとみらい横浜を代表するベイブリッジとは対照的に、昭和の横浜を今に伝える架け橋だ。
しかし、東高島駅北地区は2025年度竣工予定である地上52階195mを筆頭に計3棟のタワーマンションの工事が
いよいよ来年度から着工となる予定で、当地区に当たる廃線跡や運河は消えていく運命だというから
またひとつ、横浜からヨコハマだった景色が遠いものとなっていく。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/08/30(日) 07:58:27|
  2. 高島線
  3. | コメント:0
<<横浜そごう裏の貨物線 (・・・と追記ハチロク) | ホーム | 夕暮れ時の落石三里浜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
宗谷本線 (16)
石北本線 (137)
釧網本線 (51)
根室本線 (3)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (19)
上越線 (1)
秩父鉄道 (24)
高島線 (4)
大井川鐵道 (17)
山陰本線 (3)
山口線 (9)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (12)
廃線・保存機 (16)
駅・設備 (18)
雑記 (13)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (5)
小海線 (9)
品鶴線 (3)
神奈川臨海鉄道 (1)
東海道本線 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる