FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

猶予

P8260590-p1fc.jpg

高島線 東高島~鶴見


鉄道車輌の興味は、蒸気機関車、ディーゼル機関車、電気機関車と行くに従い薄れ
気動車や電車に至っては、JR型になってからのキハ110など一部を除き車輌そのものに関心がなくなった。
あるのは鉄道がある風景とか残り少なくなった国鉄型車輌くらいなもので、それすらもカラーリングセンスが疑わしい。
好きな人には大変申し訳ないが、山手線の新型車輌を見た時(何系かは知らない)はところてんの突き器か鰻の仕掛け、
特急踊り子の新型車輌の顔は蟹の口に見え、口から泡でも吹ながら走ってろと悪態をついた始末。
踊り子は湘南や伊豆の海沿いを走るから、まさかJRが洒落たのではあるまい。
自分のセンスの無さを棚に上げて言わせてもらえば、優等列車らしい重厚感もなく
軽くて薄っぺらな見てくれだけのものに見え、金を払ってまで乗りたいとは思わない。
九州新幹線が出来る前、博多から熊本まで乗車した特急では初めて電車酔いを経験し、その列車名すら覚えていない。

あれほど列車に乗るのが好きだったのに、あれほど車窓を見ながら知らない土地へ行くのが好きだったのに
鈍行、急行、特急問わず幾つもあった昼間長距離列車や夜行列車の廃止、食堂車、車内販売の廃止、
ホームに響く駅弁売りは姿を消し、寒さに凍えながら食べた駅そばの味も消えつつあり、駅売店はコンビニ化・・・
スピード重視の単なる都市間移動が主目的となり、手段の選択肢すら与えてくれなくなった鉄道は
旅的要素は薄くなるばかり、もはやそういったものは時代に乗れない年寄りの余計なお荷物とでも言いたげだ。

高島貨物線を走る電気機関車も国鉄残党のEF65のスジは日に三往復のみ。
せっかく来た機関車の「うーん・・・」と首を傾げるカラーリングに贅沢は言ってられず、
旅を運んでくれた車輌たちの姿を見れるのは、後どれほどの時間が遺されているのだろう。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/09/03(木) 15:54:44|
  2. 高島線
  3. | コメント:0
<<KATOのN蒸機について | ホーム | 横浜そごう裏の貨物線 (・・・と追記ハチロク)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
宗谷本線 (16)
石北本線 (137)
釧網本線 (51)
根室本線 (3)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (19)
上越線 (1)
秩父鉄道 (24)
高島線 (4)
大井川鐵道 (17)
山陰本線 (3)
山口線 (9)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (12)
廃線・保存機 (16)
駅・設備 (18)
雑記 (13)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (5)
小海線 (9)
品鶴線 (3)
神奈川臨海鉄道 (1)
東海道本線 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる