FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

古くたっていいじゃない

PA204801-p2-10fc.jpg

秩父鉄道 武州日野    2013年10月撮影


雲が垂れ込め雨に霞む秩父の山に煙が上がる。
構内を出てすぐ始まる上り勾配にシゴハチは足を緩めることなく小駅を通過した。
情報も確認せず行き当たりばったりのため、道東の麗機C5833を思わせる後藤式デフをまだ装備していたことも知らずに
せっかくのJNRマークを活かすことも出来ず何とも勿体ないことをした。

やっちまった感に暮れているところへ一人の同業者から声を掛けられた。

それ、デジタルなんだろ?
いいなぁ、おれ、買う金がないからさ、未だこれだよ。
と上着で隠すようにしていたカメラをそっと見せてくれた。

Canon F-1!

(蒸機が)現役の頃に無理して買って未だに使ってるんだ。
周りはデジタルばかりだから恥ずかしくて大っぴらに出せないんだよと笑う。

とんでもない。何が恥ずかしいものか。
蒸機を求めて全国を廻ったという共に歩んだ人生の歴史が刻まれたカメラを恥じることなどどこにもなく
仮に買い換える金がなかったとしても、今まで大事に使い続けてこられたことが心底素敵だと思った。

新型が出る度に買い換えられる財力のある方は羨ましいとは思うが、皆が皆カメラや趣味ばかりに金を掛けられる訳ではない。
カメラに詳しくない僕などにとっては一世代前でさえもう十分だし
やれAFが、連写が、高感度が、画素数が、EVFがなどいいに越したことはないにせよぶっちゃけどうでも良い。
まして動画機能は個人的にはなくていい。ちょいと撮りたければスマホで十分、凝りたければ専用のものを買う。

この時の機材はエントリーモデルのE-410、レンズは欲しくて少しずつ貯めてやっと買った今でも現役の50-200SWD。
カメラは今後使うことはないだろうと処分してしまったが、残しておいても良かったかなぁと思う。
機材を語るなど一生掛かっても出来るものではなくそれこそ恥ずかしいが、年々プロやハイアマの方に
ターゲットを絞ったような業界には、僕のような半端者にはわくわく感も乏しく敷居も高すぎる。

軽くて小さくて、どこへ行くにも気軽に持ち出せ、何よりも素人でも適当に楽しめたこの頃のものでいい。
古くさい考えと笑われても、せめて今ある物を大事にしたい、大事に使い続けたい、とこの絵面を見ると思うのだ。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/09/20(日) 22:40:41|
  2. 秩父鉄道
  3. | コメント:2
<<遠い地に思い馳せ | ホーム | 多摩運河を渡る>>

コメント

とても、いい話ですね。
蒸機を求めて共に歩んだ歴史が刻まれたカメラは、かけがえのない宝物です。
しかも、あの時代にF-1を購入されたということは、きっといろいろなものを節約されて買われたのだと思います。
そのカメラがいまも現役というところがまたすごいことで、大切に使われてきたのでしょう。
私の愛機はCANONのFT。こいつと一緒に夏も冬も一緒に蒸気を追いかけて旅をしました。
もちろんいまも稼働します。ときおり、シャッターを切って、巻き上げレバーの感触を楽しんでいますが、自分にとってはデジタルの時代になっても、このカメラが一番の宝物です。
それはきつと、こいつを手にするとファインダーの向こうにあの頃が見えるような気がするからでしょう。
おそらく青春時代に現役を追いかけたかたは、そんな宝物をみなさん一台はお持ちだと思います。

  1. 2020/09/20(日) 23:58:34 |
  2. URL |
  3. まこべえ #2XsKFzVg
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

まこべえさん、コメントありがとうございます。

Wikiで見たらF-1は昭和46年とありました。
あの廣田尚敬氏もお使いになられてたような気がしますが、当時のフラッグシップ機、相当な金額だったんでしょうね。
しかも全国へ現役蒸機を追い掛けるにあたり、夜行列車なり駅の待合室を宿代わりにといってもタダで行ける訳ではなく
それだけの想いを胸にF-1と共に歩まれたんだと思います。

記事の話はもう7年前ですが、それでも半世紀も現役というのは驚きましたし、そこまで大切にされてきたことはとても素敵だと思いました。
機械式はメーカーの修理が出来なくなっても専門にやって頂ける所があると聞きますが、それにしてもF-1の頑丈さだけではないのでしょうね。
普段の手入れも然り、青春を謳歌した言わば分身のように扱われてきたのではないかと想像します。
本当に宝物、なんでしょうね。
今も使われているのか、それともデジタルに移行したのか分かりかねますが、きっと手元にはお持ちであると思います。

こいつと一緒に夏も冬も蒸機を追い掛けて旅をした・・・
「こいつ」というあたり、やはり想いを感じます。
そんな宝物をお持ちであるまこべえさんもまた羨ましくもあり、素敵に思います。




  1. 2020/09/21(月) 06:17:10 |
  2. URL |
  3. u403tsugaru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
宗谷本線 (16)
石北本線 (137)
釧網本線 (51)
根室本線 (3)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (19)
上越線 (1)
秩父鉄道 (24)
高島線 (4)
大井川鐵道 (17)
山陰本線 (3)
山口線 (9)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (12)
廃線・保存機 (16)
駅・設備 (18)
雑記 (13)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (5)
小海線 (9)
品鶴線 (3)
神奈川臨海鉄道 (1)
東海道本線 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる