FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

真っ暗な窓ガラスにほっぺたくっつけて、じっと外を見ていると遠くに灯りがポツン、ポツン・・・
あぁ、こんなとこにも人が暮らしてんだなぁ・・・
汽車の汽笛がポー、ピー・・・
そんな時、そんな時よ、訳もなく涙がポロポロ零れて来ちゃうのよ。

夜汽車で旅する心情を見事に謳った寅さんの名台詞である。
だが僕のセコい拘りの中でいう夜汽車には遂に乗ることがないまま消えてしまい、全く残念無念で惜しいことをしたものだ。



P9210361-10fc.jpg


一方夜行列車は何度か乗ることができ、サンライズは乗ってからしばらく経つ。
あの時は、さて山陰を行くか九州へ渡るか気分次第で決めようと、取り敢えず山陽路を行こうとだけ決めて乗車した、
石北本線の気動車夜行オホーツク以来となる久し振りの夜行列車だった。

初めての夜行列車は中学生になった年の夏休み、急行型電車(まだ153系だった気がする)の俗にいう大垣夜行だった。
何となく時刻表を眺めていて思い立ったが吉日とばかり、貯めておいたお年玉を財布に入れ
夕方になってちょっとその辺に行って来るとサンダル履きのまま出かけ、翌々日の朝にひょっこり帰れば
鬼の形相をした親に当然の如くこっぴどく叱られたのは言う間でもなく、それでも初の夜行列車の旅は
何か大きな冒険をしてきたような満足感で一杯だった。

会社帰りのサラリーマンで混雑していた車内は藤沢、平塚、小田原と過ぎる毎に減り、
いよいよ夜行列車といった面持ちが強くなるに従い、終電が終わって減光または消灯された駅を通過していくのが新鮮だった。
2時頃だったか、停車した静岡駅のホームに響く駅弁売りの声は耳に残り、毎年三河は知立にいる親戚の家に行くたびに
新幹線から見ていた浜名湖も、この時ばかりはいつもと違う景色に見えたものだ。



P9210903-1-11fc.jpg

東海道本線 東京


その後、乗車券だけで乗れる大垣夜行は幾度となく乗ってはを繰り返し、遂に憧れのブルートレインに乗ったのは
山口線に蒸気機関車が復活してからの「はやぶさ」で、通路の補助席を引っ張り出して眺めた明け方の空に
蒼黒く浮かび上がった瀬戸内の景色は今以て忘れられない。
何故だか東京ではなく横浜からの乗車だったが、機関車はまだEF65で、EF66に変わったのは二回目以降であったと思う。
大垣夜行の座席のみと特急寝台との違いはあったにせよ、機関車が牽く列車というのは独特な格式高い重みがあり
それは更に後年、藍に流れ星も鮮やか北斗星を堂々たる姿で札幌駅に入線してきたDD51重連にも言え
鉄道少年そのままに羨望の眼差しを向け、見上げるような圧倒的な存在感を感じつつ出迎えた。
気動車夜行はオホーツクだけだったが、果てへと冬の暗闇をひた走る車窓にポツンと流れる灯りはまさに寅さんの語りのようで
これでもかと郷愁に誘われた。


時は移り、昼間特急や急行、長距離鈍行、夜行列車などとあった当時と比べるとあまりにも選択肢がなくなった鉄道旅。
商品が所狭しと並んだキヨスクからコンビニ化されたホームは僕には殺風景で物足りないが、
僅かながらでも異郷へと向かう夜行列車のいるホームはやはり良く、旅情を望む僕にとってそれは最後の砦かもしれない。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/09/26(土) 14:41:33|
  2. 駅・設備
  3. | コメント:0
<<一枚の絵面から・・・ | ホーム | 遠い地に思い馳せ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
宗谷本線 (16)
石北本線 (137)
釧網本線 (51)
根室本線 (3)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (19)
上越線 (1)
秩父鉄道 (24)
高島線 (4)
大井川鐵道 (17)
山陰本線 (3)
山口線 (9)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (12)
廃線・保存機 (16)
駅・設備 (18)
雑記 (13)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (5)
小海線 (9)
品鶴線 (3)
神奈川臨海鉄道 (1)
東海道本線 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる