FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

広い空の下へ

PA150141-s1fc.jpg

北海道名寄市    2016年10月撮影


3年程前になるだろうか、職場で少し疲れたなぁと休憩室で休ませてもらっていた時のこと。
気が付けばそこはICUだった。
なんでも返事はするものの動く気配はなく、明らかにおかしいと救急車を呼んだとのことだった。
その後嘔吐を繰り返し、脳出血の疑いでMRI、CT等々の全身にわたる検査をしても異常は見当たらず
意識は翌夕方に戻ったものの朦朧としており、自分が病院にいることを理解するには暫し時間が掛かった。
その時、人間なんて死ぬ時はこんなもんなんだろうなぁといったのを覚えている。

周りは恐らく年配か重篤の患者だったのだろう。
何かの装置に繋がれ、返事も出来ず、痰も自力で切れず、目覚めていても一日24時間の内
はたしてどれだけ意識を持っているのだろうかと思われた。
まだはっきりしない意識の中、当人や家族には、また口悪く大変、大変申し訳ないが、
早く死んじゃえよ、というのが正直な気持ちだった。
治る見込みがあるのならいい。
でもその見込みもなく、楽しみもなく、意識も殆どなく、徒に治療費だけかさみ、その負担はどこに行くのか。
死んで欲しくないという周りの想いは分かる。でも本当にそれは当人にとって望んでいることなのだろうか。
どんなことになっても生かしておいてくれと希望したことなのだろうか。
周囲の、死んで欲しくないという想いは自分たちのエゴではないのか・・・、病床でそんな風に思っていた。

今年の6月のある朝、目覚めたら声を失っていた。
なんの前触れもなく無声音と掠れた声の交互で、時期が時期だけにもしや…と焦った。
でもコロナにその症状は聞いたことなく、暫く様子を見ていたが発熱などの症状はなく、声にも変化は見られなった。
ネットで検索すれば、声が出ないのは大きく分けてポリープ、癌、ストレスの三つ。
だが、食べ物を飲みにくい、引っかかる、むせる、しこりがある等の症状はなく
他に思い当たると言えば、それ以前に首が猛烈に痛くなり、捻ることも寝返りをうつことも出来ないことがあったことだろうか。

3年前の、ICUでのことを思い出していた。
仮に癌だとして・・・、僕は治す気はない。
放射線なり手術なりして、5年生存率何%などと恐れ、運悪く再発して再び苦しむなどまっぴらご免だ。
苦しむなら一回きりでスッパリ終わらせた方が良い。
どのみちいずれは死ぬのだから、無理に延命などせず天命に従いたい。
人に褒められ羨まれるような人生ではないが、納得の人生なら10年であれ100年であれ
命の長短の価値など全く意味はないというのが僕の死生観だ。
因みに葬式もやらない。墓もいらない。
死者に何を金を使えというのだ。金は生者に使うためのもの。
葬式は生者の世界に於けるひとつの区切り・・・というのなら、それは死者となった場合の自分を無視した行いだ。
そんなことをするのなら、バラバラにしてもらった遺体を山中深くばらまいて、動物なり何なりの糧になることを選びたい。
すっかり死ぬことを前提にしてしまったが、別に死にたい訳ではない。

他にはストレスによる心因性失声症というのがあるらしい。
東京に一旦戻り、何かにつけマニュアルだのルールだのと繰り返す箱や檻に入ったような都会の暮らしに
イラつく毎日であるのは認めるけれど、それほどの過度なストレスを受けているのだろうか。
素人推測をしてる暇があるのなら病院に行けよという話だが、今月になって大声は出せずとも
多少の会話は出来るようにはなったのでまた様子見だ。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/10/20(火) 01:47:32|
  2. 雑記
  3. | コメント:0
<<覚悟の雪 | ホーム | 秋の色>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
宗谷本線 (16)
石北本線 (137)
釧網本線 (51)
根室本線 (3)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (19)
上越線 (1)
秩父鉄道 (24)
高島線 (4)
大井川鐵道 (17)
山陰本線 (3)
山口線 (9)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (12)
廃線・保存機 (16)
駅・設備 (18)
雑記 (13)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (5)
小海線 (9)
品鶴線 (3)
神奈川臨海鉄道 (1)
東海道本線 (4)
伊豆急行線 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる