笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

ナローの煙

軽便鉄道という言葉を知ったのは、確か機芸社出版のレイアウトモデリングという雑誌の中にあった祖師谷軽便鉄道の記事だったと思う。
不揃いの枕木や道床と呼ぶにはあまりにも頼りない貧弱な線路、機関区というより車庫といった方がしっくりくるストラクチャー類や油の染みこんだ地面など
そのレベルの高いレイアウトの素晴らしさと共に、そこに資料として掲載されていた沼尻鉄道の写真に見るユニークな車輛たちにあっという間に引き込まれた。

小学校の時分、父親がユネスコ村の西武山口線に運行されていたコッペルを乗せに連れて行ってくれたことがある。
当時はそれがナローと呼ぶものとは知らず、大舞台を脚光を浴びて走る国鉄型蒸気よりもかなり小さな機関車に
何かすぐ手が届きそうなとても身近な存在に感じられ、学校の図工の時間にいつもならD51やC62を描いていた機関車の絵はコッペルになるほど僕の心に深く刻まれた。
沼尻や頸城、尾小屋、木曽森林鉄道のような生活路線とは違えど、今思えばそれが初めて接した軽便鉄道だった。


丸瀬布いこいの森を走る雨宮21号。
キャンプ場や郷土資料館などがある公園内を、駅を中心に前後をリバースした八の字の2キロほどの線路を走る。
公園内ということでJR線などに見る生活感よりも乏しいのは否めないが、それでも紛れもない本物の蒸気機関車だ。
なによりも大切にかわいがられているといった雰囲気がヒシヒシと伝わってくることにとても嬉しさを感じる。
先の台風による被害はこの公園にも及び、現在はキャンプ場内をリバースする区間はまだ不通ではあるものの
関係者の懸命な努力によりもう一方のリバース区間で運転が再開され、
普段は見れない客車一輌を挟んだ雨宮と鶴居村営軌道のDLで編成された小さな列車がゴトゴト走る。
駆ける足回りからは一丁前にカチャコチャとロッドの音を奏で、武利の山々にかつて響いた森林鉄道の笛の音をポーッと木魂させながら
貴重なナローの機関車と車輛たちは今も元気に公園内を走り、訪れた人々を笑顔にしている。



P9252695-2fc.jpg

丸瀬布いこいの森 





テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2016/09/28(水) 00:37:45|
  2. 保存鉄道
  3. | コメント:0
<<揺らぐ煙に | ホーム | 秋色近し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (57)
山口線 (7)
真岡鐡道 (4)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (7)
保存鉄道 (6)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる