笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

去りゆく姿

PB192971-10fc (4)

山口線 篠目~仁保


もう十年ほど前、信州に住む母方の祖母が他界した。
享年94歳、胃癌だった。
僕が行くといつも見えなくなるまで手を振って見送ってくれる、そんな祖母だった。
最後の年、弱った身体を起こし外に出て、これがおれとおめぇの今生の別れだと力の限り僕の手を握った。
その時もいつものようにずっと手を振り、千曲川の支流を渡って姿が見えなくなるまで見送ってくれた。
祖母は姿が見えなくなってから必ず最後に一礼をしていた、とのことを葬儀の時に初めて知った。
去りゆく僕の姿を見送る祖母の想いとはどんなものだったのだろう。


汽車が駅を発つ。
激しいドレンに身を包み、濡れた鉄路を満身の力をもって険しい峠に立ち向かう。
その姿は逞しくもどこか悲壮的でもあり、それは蒸気機関車が牽く列車ならではの光景。

蒸気機関車に心を奪われたのは、なにも機械的なカッコよさだけでもなければ猛然と煙を吹き上げる勇ましさだけでもない。
今の時代に流行らないかもしれないが、なにも語らず、ただ黙って去り往く者の背中を見るような
切なげで旅情的で、見送る者が涙してしまうような姿もそのひとつだと思う。
カマの様子が写ってなくたっていい。
彼が発する音と残り香があれば僕には十分だ。

次第に早くなる息遣い、それを追うように赤い尾灯が去っていく。
旅立つ汽車に人が想いを寄せて涙するのは、見送る者の胸に往来する亡き祖母の想いときっと似ているのだろう。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2016/12/29(木) 21:43:38|
  2. 山口線
  3. | コメント:0
<<凍てつく夜 | ホーム | 汽・婦人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
下手な鉄道写真を撮っておりますが、沿線風景や旅先での一コマなども載せていこうと思います。
見て下さった方の一人でも郷愁感や旅への思いをお持ち下されば嬉しく思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
ご挨拶 (3)
只見線 (7)
石北本線 (50)
山口線 (7)
真岡鐡道 (2)
秩父鉄道 (9)
釧網本線 (17)
大井川鐵道 (3)
廃線・保存機 (5)
宗谷本線 (1)
保存鉄道 (5)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
山陰本線 (3)
雑記 (1)
非鉄・番外編 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる