FC2ブログ

笛の音響けば

汽車の音色は旅へと誘う道標

仕事人

P6212276-p1fc.jpg

石北本線 網走    2016年6月撮影


現役蒸機世代から赤鬼と鬼畜呼ばわりされたディーゼル機関車DE10。
構内入れ替えは言うに及ばず、小運転、時には本線を旅客・貨物列車の先頭に立ち
鉄道華やかりし晩年を縦横無尽に走り抜けた。
同系のDE15に至ればラッセルの鎧を身に纏い北の鉄路を守った陰の功労者。
その機関車が久しぶりに工臨を従えオホーツクの終着駅網走へと入る。

作業は一見のんびりした昼行灯に見えるかもしれないが、一度かんざしを回せば三味線の糸が飛ぶかの如く
操車係の巧みな手旗誘導に機関士は自在に手綱を操り、カマはそれに応え見事な連携を見せる。

彼らは鉄路の必殺仕事人。
花形の旅客列車の陰で今日もどこかで人知れず、必ず支えてご覧にいれやす。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/06/11(木) 11:41:21|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0

帰りみち

P5180724-1fc.jpg

石北本線 西女満別~女満別    2015年5月撮影


じゃあね、バイバーイ!
散々遊んで泥だらけになった手と手が踏切で別れる。
次郎ちゃん家はあっち、ぼくん家はこっち。
互いに振り向いては手を振り、それを何度か繰り返した。

カンカンカン・・・
警報器が鳴ってまた振り向くと列車が勢いよく通過した。
遮断機の開いた向こうに次郎ちゃんはもう居なかった。

林の間の一本道。
楽しかった一日が終わってしまう帰り道。
夕日に照らされた道は少し寂しさを覚えた少年の日の思い出。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/05/31(日) 00:48:47|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0

夜はまだ冬

P4210569-1p3fc.jpg

石北本線 端野~緋牛内    2015年4月撮影


日没と共に足に絡んだ冷気は水かさを増した川のように、腰から胸、全身を覆う。
薄手とはいえ手袋を履いてるはずの指先は痛み出す。
(北海道では「手袋をする、はめる」を「履く」という)

さくら? すったらもん、こっちではまだ咲かんべや!

桜前線が海峡を渡っても、大雪の峰々を越えて来るまであと半月。
いい加減早く来てくれと痺れを切らし、怒りとも嘆きとも取れる声が聞こえるのもこの頃だ。

煌々と照らした行く手に樹陰が走る。
学生で賑わう車窓が、凍える足下を足早に蹴って流れていく。
4月後半といえど夜に向かうオホーツクはまだ寒い。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/04/30(木) 05:15:05|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0

帰ってきた汽笛



石北本線 美幌~西女満別    2011年7月撮影


石北本線に、昭和50年以来となる蒸気機関車が帰ってきた。
地方へ出向いて行かねば会えない存在が、限られた日数とはいえ
地元に来てくれたあの時の喜びようは何て表現したらいいんだろう。

野良仕事をしている時・・・
集落の事業を手伝っている時・・・

腰を伸ばし汗を拭うと、丘を越えポーッと耳に届いた汽車の汽笛。
木々を縫って家に流るる力強い彼の息吹き。
かつて蒸気機関車が現役で走っていた時代を今にして、もう一度味わえるという贅沢があり
北国の、爽やかな夏の緑をかき分ける、ああ麗しの姿に涙した。


昭和16年に誕生後、静内区へ新製配置されてずっと北海道を走り続けてきた生粋の道産子C11207。
現在はSL大樹として運行すべく津軽海峡を渡り奥鬼怒の山間にドラフトを響かせているが、
いずれ故郷の広い空の下へ帰って勇姿を見せて欲しいものだ。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/04/25(土) 09:06:59|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0

逢魔が時

P4130473-p2fc.jpg

石北本線 美幌~緋牛内    2015年4月撮影


山梨県の道志村から秋山村にかけて巌道(がんどう)峠という峠がある。
古くは山賊が頻繁に出ることから強盗(がんどう)峠と呼ばれ、
30年ほど前に、峠の頂上から道志側が砂利道ということと強盗という文字に惹かれてバイクで訪問したが
強い勾配に頭大の石がゴロゴロとした、その名の通りかなり手強い峠道であった。
そもそも峠というのは、馬の鞍がひっくり返りそうなほど急勾配といった関西の暗(くらがり)峠や
武田軍がその厳しさ故に馬よりも犬を先導させたという犬越路峠などの由来が示すように、厳しく危険な存在であった。
ましてや薄暗くなった峠ほど心細いものはない。

日没後の時間帯を、あの人は誰だろうとなることから誰そ彼、黄昏となったという。
昔はそんな時間を妖怪が活動し始める時間だと考えられていたらしいが
子供の頃、暗くなる前に帰っておいでと親に言われたのはそんなことが発端という説もある。
もし、その時間に歩いてて、擦れ違った人は実は、とか
あなたは誰?と声を掛けた相手が振り向いたらのっぺらぼう、なんてことがあるとかないとか・・・。

轍を山峡に響かせ、足早に駆けてく列車が少しばかり不安そうに見えたのもそんなところからだったのだろう。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

  1. 2020/04/20(月) 05:54:14|
  2. 石北本線
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

u403tsugaru

Author:u403tsugaru
当ブログは写真ブログではなく、あくまでも日記の立ち位置のつもりでいます。写真は落書き代わりのいい加減なものですので、予めご了承下さい(´▽`;)ゞ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ご挨拶 (8)
宗谷本線 (16)
石北本線 (137)
釧網本線 (51)
根室本線 (3)
釜石線 (1)
陸羽東線 (1)
只見線 (9)
真岡鐡道 (19)
上越線 (1)
秩父鉄道 (24)
高島線 (4)
大井川鐵道 (17)
山陰本線 (3)
山口線 (9)
肥薩線 (1)
保存鉄道 (12)
廃線・保存機 (16)
駅・設備 (18)
雑記 (13)
未分類 (1)
非鉄・番外編 (3)
飯山線 (13)
長野電鉄 (2)
鶴見線 (5)
小海線 (9)
品鶴線 (3)
神奈川臨海鉄道 (1)
東海道本線 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる